高級な物だけじゃない?ハンドメイドのブライダルアイテム

ハンドメイドの使い方次第で結婚式の満足度はアップする

やっぱり気になる費用の問題

ウェディングが結婚式のことを指すのに対して、ブライダルは新婦(花嫁)に関連することに使われます。 ブライダル業も、新婦を結婚式での演出がメインの職業といえます。職業としてのウェディング業はあまり耳にしません。 新婦の演出を中心に、結婚式をどのように行いたいかをカップルが中心となって考えたいものです。

ハンドメイドはとても楽しい作業です

結婚に関するハンドメイドアイテムは工夫次第で色々思いつきますが、新婦の視線で考えると、案外面白いアイディアが浮かぶものです。 手作りのマリッジリングなども、新郎よりも新婦の方が夢中になると言います。 カップルでできるブライダルアイテムを楽しく作ってください。

結婚式の進行は頭を悩ませるものです

結婚式で行われる余興はとても大切なものです。ただしあまり演出に凝りすぎて、食事や団らんが楽しめないことがないようにしましょう。 結婚式の進行はゲストの顔ぶれを考えて、式場のスタッフにも協力してもらいましょう。 結婚式の満足は、幸せになるステップですから。

新婦がメイン、ウェディングではなくブライダルで考えて

いうまでもなく結婚式は、人生における一大イベントです。
毎年65万組のカップルが誕生し、半数以上一説には70%のカップルが様々なブライダルイベントをおこなっています。
結婚式を挙げることによって夫婦の絆を深め、また関係者に結婚のお披露目をして、末永く結婚生活を送りたいと思っています。そして口に出せない本音として、離婚の予防にも結びつけたい思いもあります。
さてここで、目をつぶる訳にいかないのが、結婚式にかかる費用の問題です。
いくら人生における一大イベントだと言われても、長い人生を考えると、その後の人生を圧迫することがあってはいけません。
結婚式のやり方にもよりますが、一組360万円程度かかると言われています。その費用はある程度ゲストのご祝儀で賄えると言われますが、残りはカップルで出すか、各々の両親の援助で賄っています。一説には130万円程度がカップル側の持ち出しになります。
費用は闇雲にかけるわけにはいかない、でも自分たちも参列していただいた方にも、満足のいく結婚式を挙けたい、カップル側にはこのような思いがあります。実際結婚式の費用を節約しすぎて、カップル側の満足は勿論、ゲスト側も口に出さない不満が出でくるものです。
結婚式のご祝儀の相場は、多くが3万円だと言われています。お祝いの分を約1万円だとすると、約2万円が食事代・引き出物代だと考えられています。
ですから、食事代やそれに関連する演出にはそれなりの費用をかけなくてはなりません。むしろ130万円の持ち出し分を、上手にハンドメイドとかに切り替えて節約するかが、カップルの腕の見せ所です。
ここで一言、ここでは結婚式を「挙式+披露宴」という意味で使わせてもらいます。