ハンドメイドの使い方次第で結婚式の満足度はアップする

>

ハンドメイドはとても楽しい作業です

ハンドメイドの定番は招待・歓迎グッズ

結婚式のハンドメイドアイテムの定番として挙げられるのは、招待状などのペーパーアイテム、受付近くのウェルカムスペースの演出等が挙げられます。
招待状、席札席次表、メニュー表などのペーパーアイテムは、式場・業者に依頼することもできますが、手作りすることでカップルの個性を出すことができます。
ウェルカムグッズの数々は決まった形式がないので、多くのカップルが手作りをしています。
費用の節約の意味もありますが、カップルがゲストをおもてなししようという気持ちを、ペーバーアイテム・ウェルカムグッズに込めることができます。
場合によっては親しい友人の協力を得られることがありますので、カップルの負担も少なくて済みます。
ハンドメイドアイテムも、新婦の腕の見せ所です。

ハンドメイドのマリッジリング

ハンドメイドのブライダルアイテムとして、注目されるのが結婚指輪(マリッジリング)です。
ウェディングドレスのハンドメイドはさすがにハードルが高いこともあり、リングの方が取り組みやすいと考えられます。
棒状の貴金属を自分の手で曲げて溶接し、指輪に仕上げていく本格的な物もありますが、蝋状のワックスでサイズや拘りのデザインを整えていき、貴金属への加工はプロに任せるというものに人気があるようです。
メインのブライダルアイテムのリングを、独自のデザインで作ることができること、制作の工程を楽しむことができること、制作過程をビデオ撮影してくれることのサービスあること、何よりカップルの結婚にむけての共同作業であることが、注目を集める理由となっています。
結婚式でエピソードの一つとして披露することもできますし、ビデオ撮影があれば余興として使うこともできます。


この記事をシェアする